2018年2月5日月曜日

鬼は外・福はうち

2月3日節分
 
実際の季節としては
降り積もった雪が道端に残るほどの
寒さ真っ只中ですが、
暦では春を迎える前日となっています
 
ひかり園では
2月2日に節分献立を味わいました
大豆いりじゃこごはん・大根の味噌汁
いわしのかば焼き・ほうれん草のごま和え
 
豆まきに使われる炒り豆の代わりに
柔らかく炊いた大豆を使ったごはん、
 
鬼が嫌がるいわしを使ったかば焼きを
給食でいただきました
 
 
 
おやつには
角切りのさつまいもが入った、
鬼に模した「鬼まんじゅう」を
いただき
さらに福を呼び込む子ども達でした。
 

2018年2月1日木曜日

今日から2月だよ~!

今日からいよいよ
一年中で一番寒い2月に入ります。
先日の大雪の名残がしっかり残った園庭に
新しい雪が降り重なる日も近い?
 
2月は雪遊びのトップシーズン!!
時には
「え~?ここってゲレンデ?」
と思えるくらいの雪が積もります。
 
子ども達は
もう
うれしくて
 
 
うれしくて
うれしくて

 
つめたくて
でも
うれしくて

 
雪景色を眺めたり
雪道を歩いたり
さわったり
なげたり
丸めたり
存分に雪を味わっています。
 
いいなぁ。
 

2018年1月21日日曜日

「ほら、見て!」

気温がぐんと下がる日は
子ども達にとってうれしいことが待っています。
軒下に
そっと仕込んでおいた色水たちが
カチンコチンに凍ります。
「ほら見て、花ごおりできた!」

 
「愛らしい大切なたからもの」を
見せてくれる子ども達の表情が
たまらなく愛らしい。

もちつき大会

「今日おもちつき~!」
ひかり園の子ども達にとって
毎年恒例もちつき大会は
とっても楽しみな行事のひとつです。
 
 
 
今年もつき手の方々に
たすけていただきながら
「ぺったん、ぺったん」と
おもちをつきました。
 

 
給食の先生方が
研いでつけて蒸してくださったもち米を
大きな臼の中で
力いっぱいつきます!

 
「そぅれ、よいしょ」
「よいしょ」
「よいしょ」

 
炊きあがった
もち米と
つきあがった
おもちを見比べたり
 

 
どしーん!
どしーん!と
鳴り響く音に
目を見張ったり
自分の手でおもちをつくまねっこを
してみたり。
 
つきたてのおもちは
黄な粉、砂糖醤油で
あたたかい間にいただきました。
 
お昼ご飯はおもちを乗せた
「力うどん」でした。
 
乳児組さんはやわらかご飯を
小さく丸めて黄な粉をまぶして
おもちに見立てた黄な粉のおにぎりをいただきました。
 
見て楽しい
ついて楽しい
食べておいしい
もちつき大会。
ご準備いただいたみなさん
参加していただいた方々に感謝申し上げます。
 
 
 

1月のお部屋から

1月のお部屋での
子ども達の姿を紹介します。
 
 
開いて確かめる
くぐってみつける
触れて感じる

 
 

 
 

 
 

 
 

「一緒に」
が楽しい!
うれしい!
 







 

今年も遊ぶよ~!2018年

冬の真ん中で今年も新しい年が始まりました。
子ども達にとって
「冬は寒い!」でも......
春、夏、秋とまったく変わらず
「外遊びだーいすき!」
「お散歩いきたい!!」
のです。
 
 
お友だちと
「どっちの煙が白いか勝負!」と
白い息を吐きあったり
 
 
 
鬼ごっこで走りながら
「あー、暑ぅ!汗かいたわぁ」
「僕なんかジャンバーいらんし」
と、競い合ってみたり。
 

 
 
 
いきいきしながら
遊ぶ子ども達の姿に
「食べること」と同様に
「遊ぶこと」が子ども達の育ちに
不可欠だという事を感じます。
 
 
 
「今年も遊ぶよ~!!」
 
 
 
 
 
 
 


2018年1月16日火曜日

新年のお祝い

新年が明け、
早くも1月の半分が過ぎてしまいました。
 
2018年のひかり園の園生活は、
1月4日から始まりましたが・・・
 
給食では新年を
無事迎えられたことをお祝いすべく、
おせち料理や小正月料理を
皆でいただきました。
 
【おせち料理】
雑煮
 
【おせち料理】
ぶりの照り焼き
紅白なます・黒豆煮


【小正月料理】
小豆ご飯
(本来は小豆粥をいただく行事となっています)
また、おせち料理を食べる前には
子ども達におせち料理に入っている
料理の意味のお話をしました。
 




 
 
行事食や伝統食、
郷土料理の意味を理解することは
なかなか難しいと思いますが・・・
 
これらの料理を給食で食べることで、
四季を感じたり、
日本の伝統や郷土を知ったり
できるような機会になるよう
努めていきたいと思っております。